クレンジング 選び方

クレンジングの目的は、油性のメイクアップを落とすことです。
油性の成分は、水で洗い流すのは難しいものです。
洗い流す水と油分をなじませる役割をしている界面活性剤が配合されている物が多いです。
クレンジングは形状によって、お肌が受ける刺激の強さが違います。
そして落ち具合も変わってきます。
クレンジングを選ぶ際には、自分のメイクの濃さに合わせて使い分けるとよいでしょう。

クレンジングの種類

(お肌の刺激が強いもの順)
1・シートタイプ
油分でメイクを浮かせるという段階を省略し、界面活性剤の洗浄力で落とすタイプです。
そのために、お肌が受けるダメージが大きく、ふき取る際にシートの摩擦によってもお肌のダメージが更に増してしまいます。
濃い部分のポイントメイクだけをシートで落とすことがおすすめです。

 

2・オイルタイプ
界面活性剤を多く含むオイルタイプのクレンジングは、サッと簡単にメイクが落とせるので人気があります。
が、お肌が受けるダメージが大きいので、濃いメイクの日に使うだけにすることがおすすめです。

 

3・ジェルタイプ
乳化していないジェルタイプのクレンジングは、界面活性剤が多く肌への負担も大きいです。
クリーム状の乳白色のタイプの物を選ぶのがおすすめです。

 

4・クリームタイプ
適度な油分を含み、お肌にもやさしく、メイクを落とす機能も兼ね備わっています。
ナチュラルメイクにおすすめです。

 

5・ミルクタイプ
水分が多いので、メイクとのなじみがあまり良くありません。
お肌にとても優しい半面、メイクを落とす力は弱いものが多いです。
ミルクタイプを選ぶ際には、テクスチャーが硬めの物がおすすめです。