保湿化粧品

保湿が大切

お肌の潤いが失われてしまうと、お肌のバリア機能が低下してしまい、肌荒れ、老化の原因になってしまいます。
スキンケアで最も大切なことが保湿といっても良いでしょう。
保湿とは、、お肌の水分を適度に維持するためのスキンケアのことを言います。
健康なお肌の角質には20~30%の水分が含まれていますが、これが20%以下になってしまうと「乾燥肌」となります。
人間のお肌には、水分を維持しようとするバリア機能がありますが、年齢とともに低下してしまいます。
日頃からしっかりと、保湿目的のスキンケアでお肌の土台作りをしっかりと心がけましょう。

 

保湿成分

保湿成分は、大きく分けて3つになります。

タイプ1 水分を挟み込むタイプ

水分保持力は最強です。
水分をサンドイッチ状に挟み込んでしっかりとキープする性質があります。
代表的な成分は、セラミドです。

タイプ2 水分を抱え込むタイプ

真皮まで吸収されず、角質内保湿としての働きです。
水分を抱え込んだままにキープしてくれるタイプです。
代表的な成分には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあります。

タイプ3 水分をつかむタイプ

水分保持力はあまり高くありません。
グリセリンなどが代表的な成分で、さらっとした使い心地で使用感がよいため、化粧水に混在していることが多いものです。